JA愛知北

MENU

新着情報一覧

秋冬ハクサイの目ぞろえ会を開きました

寒さが本格的となり消費者の鍋需要の高まりを前に、JA愛知北管内の江南市園芸組合が11月14日、江南市の布袋支店で秋冬ハクサイの目ぞろえ会を開きました。

生産者、市場関係者、JA職員ら21人が参加し、規格や出荷時の注意点などを確認しました。

同園芸組合宮崎組合長は「強風や台風の被害があり大変だったと思うが、規格等を再度確認して目ぞろえし、高値取引を目指しましょう。」とあいさつしました。

市場関係者は「今年は全国的に豊作予定だったが、台風で一変し価格が上がっている。選別が大変だと思いますが、品質をそろえていただき有利販売に繋げていきたい。」と話しました。

同組合では、約330トンを12月末まで、中京地域を中心に出荷する予定です。

秋冬ハクサイ1 秋冬ハクサイ2